ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー【電子書籍】[ 大森 藤ノ ]
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー【電子書籍】[ 大森 藤ノ ]

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー 1巻【電子書籍】[ 大森藤ノ(GA文庫/SBクリエイティブ刊) ]
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー 1巻【電子書籍】[ 大森藤ノ(GA文庫/SBクリエイティブ刊) ]

本日のご紹介はこちら

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー 第1巻~
著者/大森藤ノ イラスト/ニリツ キャラクター原案/ヤスダスズヒト
出版社/SBクリエイティブ 2017/03/15」

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー 第1巻~
原作/大森藤ノ 漫画/桃山ひなせ 原作イラスト/ニリツ キャラクター原案/ヤスダスズヒト
出版社/スクウェア・エニックス 2017/03/13」



上が原作、下がコミックスになります。
いやー、相変わらずこのシリーズはタイトルが長いですねぇ
原作もアニメ化し、外伝ソード・オラトリアも2017/04よりアニメ化決定ということで、人気のダンまちシリーズですが、外伝2作目がついに発売(タイトルには外伝とは付いてませんがガンガンオンライン様にて掲載されていた際にはついてました。)
しかもですよ、異例のほぼ同時発売
詳しく言うと通常コミカライズ作品が発売されるのは原作発売よりも後になるはずなのに原作よりも2日先に発売されるという異例ぶり

episodeリューはエルフのリューがメインとなっており、原作の主人公視点、外伝ソード・オラトリアのヒロイン視点から大きく違う所からのスタートになります。
原作小説で言う所の7巻以降からの視点としてスタートになります。ソード・オラトリアの1巻目などであった原作との共通エピソードばかりになってしまい、話しが被ることが多かったというところは今作では無く、完全な別物語としてスタートするので、両方読んでいる人にも 違和感無く読めるようになっていると思います。
コミックスの方は逆に、ダンまちシリーズを知らない人でも読めるようにダンまちの世界観の説明から入るので、このシリーズから読んでから原作シリーズを知るのもありだと思います。 
ただ、やっぱり大本の方を知ってる方が楽しめますけどね(笑) 

物語は主人公が働く、豊穣の女主人に来ていた言い争いをしている夫婦から、かつて所属していた今は無きファミリアを求められるところからスタートしていきます。その話を聞いた主人公は短い葛藤の末に自ら厄介ごとに乗り込んでいく。

原作、外伝ソード・オラトリアでは語られなかったサブヒロイン達を新たな視点から描き出すファミリアクロニクルepisodeリュー。
貴方も広がるダンまちワールドの魅力を体感してみてはいかがでしょうか?

こちらの作品は「ガンガンONLINE | SQUARE ENIX様」にて原作小説・コミックの1話を読むことが出来ますのでよろしければどうぞ。

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ